ミュージカル コンサート お笑い 格安チケット販売

2011年09月26日

Style On the Street デビュー号

SOS表紙.jpg

以前に取り上げたasayamは勢いがあったのか、一年後に女の子向けのストリートファッション誌を発行したようです。
「ようです」と頼りない言い方をしているのは、そのデビュー号を持ってた割には、あまり購入したときのことを覚えていないのからなのです。
あ、ちなみに「asayan 創刊号」オークションhttp://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/を通じて購入いただきました。ありがとうございます。
で、その当時の「今、いちばん熱い女の子のためのストリートマガジン」が、この「Style On the Stree」。略してS.O.S.ですよ。
かっこいいネーミングセンスだと思います。
パラパラとめくるとよくできてるんですよ、これが、サーフン、クラブ、ストリートとラフな感じだけどバランスの良い、不良感薄めな良い温度感で眺めてられるウですよね。
1995年の夏ファンッションは....
真夏のスタイル.jpg
こんな感じなんですけど、16年後の今、着て歩いてても別に違和感ないと思いません?
先週、ちょっと渋谷にある大学のキャンパスを歩いてみたんだけど、劇的な違いはないと思う。若者が見るとエーッというのかしらん?
女の子のメイクもいまだにこういう感じの娘普通にいますよ。80年代のメイクや髪型の娘を見るとびっくりするけど、90年代は割と普遍的なものが出来上がってたんじゃないですかねえ。
ただ、この雑誌「厳選カッコいい男の子111人大集合」と行った特集があって、先入観なしでみるとむしろ男性ファッション誌にも見えちゃう。女の子はそういうカッコいい男の子がいっぱいでてるっていってもあまり喜ばないんじゃないかしらん?
ふと思ったけど、カップルで読めるファッション誌と言うスタンスもおもしろいですよね。カジュアルでユニセックスなファッション誌ってあんまりしらないけど、実はこの雑誌その辺を狙ってたのか知らん?
いや、「女の子」ってわざわざかいてるしなあ、ちがうか。
ペアルックになっちゃうとキモいけど、男女カップルでコーディネートを考えられるようなファッション誌面白いと思うんですけど、この雑誌が続いてないところ見ると、むずかしいのかなあ?
若者向けはきびしいかも知れないけど、アダルト向け、シニア向けに男女兼用ファッション誌とかうけるんじゃないかしら?40代50代、お洒落な人多そうだし、もしこれを見てどこかの出版社さん企画する時は是非自分にもお声がけください、アイデア出しまする。
その他の記事としては、宇治田みのるとかglobe結成直前のマーク・パンサーのインタビューとかサブカルチャー史的にも面白いネタありますねえ。詳しくは目次をどうぞ。
目次.jpg

<本日の雑誌>
スタイル オン ザ ストリート STYLE ON THE STREETSO デビュー号 1995 8月29日 VOL.1 ASAYAN増刊 
コンテンツ/表紙:村上淳・杉山いずみ・鈴木エミ ぶんか社 定価490円 a4判

↓のオークションサイトで古い雑誌を出品しています。
http://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/
まだ少ししか展示していませんが、よろしかったら見学にに入らしてください。

↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
日常の疑問を調査   問題解決リサーチャーよろず研究!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
ひまつぶし広告チェック  団栗ジャンクション
WEBでコミックを楽しむ立ち読み探し  おもしろい 漫画 探し
天然水のブログもやってます→ウォーターサーバー おいしい水 楽して飲みたい 


posted by 団栗六本木之助 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

History's Run ヒストリーズラン 創刊第1号

ヒストリーズラン.jpg


2回分ため書きで書いていまして連続アップロード。
前回の『鳩よ!』につづいて、マガジンハウスで『ヒストリーズラン』です。
うーん。
今読むとあれだ、やっぱり学校文集だ、これは。残念ながら。
表紙は凄い、だって明日のジョーだもん、けどいきなり燃え尽きてる絵だし。
マガジンハウスはこの雑誌でなにやりたかったんだろう?
10代をオルグして、他の雑誌の読者予備軍を作りたかった?ちがうよなあ。

でも、2号で終わったとしても編集に参加できた人はいい思い出になったろうね。すぐ終わる雑誌を3号雑誌とかいうはずですが、3号持たなかったわけか、確かにこれだと広告代理店も売りにくいだろうなあ。ティーンエイジャーのマーケティングが当時確立していたとしても
これの読者だとあまりお金なさそうだもんな。

もし、今同じように復活させるとしら、アキバなかんじでつくれば少しは回転するんじゃないでしょうか?
無理か?
この年は ロス疑惑とか豊田商事事件とか、知能犯的な暴力沙汰があった年ですねえ。

<本日の雑誌>
ヒストリーズラン 創刊第1号 1985年(昭和60年)12月号 発行:マガジンハウス 定価:300円

コピー:歴史を切り開く10代のメッセージマガジン リングなき10代たちへ
表紙イラスト:明日のジョー/ちばてつや
記事・内容: 特集・みずからに問う手紙 ニュータイプ宣言 素顔で闘え!プロレスに熱狂する10代たち あしたのジョーは誰だ!ー高野生 長編マンガ/過去からのメッセージ/鷲尾亜砂子 めぐり逢いは僕らを導く/稲葉智子

<参考にさせていただいた記事>
FUKUSHI Plaza /1985年
出逢いは歴史を創る《ヒストリーズラン》

↓のオークションサイトで古い雑誌を出品しています。
http://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/
まだ少ししか展示していませんが、よろしかったら見学にに入らしてください。
今回紹介の雑誌は出品していません。

↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
日常の疑問を調査   問題解決リサーチャーよろず研究!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
ひまつぶし      団栗ジャンクション

バリューマーケットは人気商品を格安で落札できる新感覚オークション
posted by 団栗六本木之助 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩よ! 創刊号

鳩よ!創刊号.jpg

いつの間にか始めたブログ創刊号&ジャンクション。たまたま自分で持っていた創刊号をネタにおもに80年代と90年代の記憶をなんとなく綴ろうという試みです。
第1回目は『鳩よ!』です。
この年に平凡出版からマガジンハウスに社名変更したんですねえ。で、その新社名になって最初の雑誌がこれだったのか。たしかに、気合い入ってるもんね中を見ると。
平凡出版=マガジンハウスといえば、当時のマスコミ大好き少年(当時っぽい言い方でしょ)のあこがれの会社でしたよねえ。頭良さそうな感じしましたもの。アタマというのは、勉強的に頭がいいだけでなく、時代を切り開くようなセンスをもっているという意味があるアタマの良さ。社員の方々が本当にそうかは知りませんが、当時あこがれられてたとは思いますよ。

売れる雑誌を作ることと、本当に良い雑誌を作ることはイコールじゃなくて、その両方のベクトルのそのバランスがとれたところにいくのが理想なんでしょうけど、それまでの日本はそのどちらかに偏っていたような気がします。

で、このころ広告コピーが力を持ってきて、良いコピー、面白いコピーは商品の販売促進につながるだけでなく、人々の心や時代に影響を与えてしまうということに多くの人が気づきました。つまり、コマーシャリズムの中にあるある種の芸術性を受け止めても良いと思う人が多くなってきた。

この雑誌は、広告コピーも詩であり得るという立場で、難解な詩も、歴史的な詩も取りまとめて楽しもうというハナシだったわけですねえ。ということで、固くなりがちな文芸誌が遊びにあふれたマガジンとして生み出されたわけですね。

そいうのが、好きな人は好きだったと思います。
しかし、時代はその広告コピーによって作られた売れるものの時代、ブランドの時代となっていきます。それは、この年に『Free(平凡社)』『ViVi(講談社)』『LEE(集英社)』という後のファッション誌に影響を与える雑誌が創刊されたことからも感じ取れる気がします。で、それがバブル期になっていくんですかねえ?

思い出話を書こうと思って、なんか難しいこと書いてしまった。
ああ、この年に大韓航空機が撃墜されたんですねえ。ニュースでフジテレビのアナウンサーだけがずっと「許されないことが起きました」と言い続けてたなあ。。。


<本日の雑誌>
鳩よ! 創刊号 1983年(昭和58年)12月号 発行:マガジンハウス 定価:300円

コピー:ポエムによるニュージャーナリズム
表紙イラスト:パブロ・ピカソ 題字:清水達夫
記事・内容: ランボーが圧倒的、ランボーって、だれ? もうひとりのアンネ・フランクがいた!…八木あき子/虐殺された少女詩人、ゼルマ・アイジンガーの別れの詩
想い寄せて、手紙詩 谷川俊太郎→佳村萠 岩谷時子→坂東玉三郎 久保田早紀→村上春樹 内藤陳→水森亜土 井坂洋子→桑田佳祐
詩特集 中島みゆき ねじめ正一 吉原幸子+伊藤比呂美 ジャック・ブレル 短詩・北原白秋他他7人 山本かずこ 杉田かおる+林葉直子 ほか 特集・CMコピーのコトバ・・・・・ など

<参考にさせていただいた記事>
FUKUSHI Plaza /1983年
Wikipedia 1983年
Wikipedia 鳩よ!
古本海ねこ 鳩よ!

↓のオークションサイトで古い雑誌を出品しています。
http://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/
まだ少ししか展示していませんが、よろしかったら見学にに入らしてください。
今回紹介の雑誌は出品していません。ヤフオクでみたら100円だったし、画像見ていただければわかりますが、結構汚れていますので(笑)

↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
日常の疑問を調査   問題解決リサーチャーよろず研究!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
ひまつぶし      団栗ジャンクション

酒ログ-お好きなお酒プレゼントキャンペーン

酒ログに掲載されている全ての商品の中から、お好きなお酒を毎週1名様にプレゼント!

応募方法は、お好きなお酒を探してクチコミをするだけ!
posted by 団栗六本木之助 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ミュージカル コンサート お笑い 格安チケット販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。