ミュージカル コンサート お笑い 格安チケット販売

2011年09月26日

Style On the Street デビュー号

SOS表紙.jpg

以前に取り上げたasayamは勢いがあったのか、一年後に女の子向けのストリートファッション誌を発行したようです。
「ようです」と頼りない言い方をしているのは、そのデビュー号を持ってた割には、あまり購入したときのことを覚えていないのからなのです。
あ、ちなみに「asayan 創刊号」オークションhttp://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/を通じて購入いただきました。ありがとうございます。
で、その当時の「今、いちばん熱い女の子のためのストリートマガジン」が、この「Style On the Stree」。略してS.O.S.ですよ。
かっこいいネーミングセンスだと思います。
パラパラとめくるとよくできてるんですよ、これが、サーフン、クラブ、ストリートとラフな感じだけどバランスの良い、不良感薄めな良い温度感で眺めてられるウですよね。
1995年の夏ファンッションは....
真夏のスタイル.jpg
こんな感じなんですけど、16年後の今、着て歩いてても別に違和感ないと思いません?
先週、ちょっと渋谷にある大学のキャンパスを歩いてみたんだけど、劇的な違いはないと思う。若者が見るとエーッというのかしらん?
女の子のメイクもいまだにこういう感じの娘普通にいますよ。80年代のメイクや髪型の娘を見るとびっくりするけど、90年代は割と普遍的なものが出来上がってたんじゃないですかねえ。
ただ、この雑誌「厳選カッコいい男の子111人大集合」と行った特集があって、先入観なしでみるとむしろ男性ファッション誌にも見えちゃう。女の子はそういうカッコいい男の子がいっぱいでてるっていってもあまり喜ばないんじゃないかしらん?
ふと思ったけど、カップルで読めるファッション誌と言うスタンスもおもしろいですよね。カジュアルでユニセックスなファッション誌ってあんまりしらないけど、実はこの雑誌その辺を狙ってたのか知らん?
いや、「女の子」ってわざわざかいてるしなあ、ちがうか。
ペアルックになっちゃうとキモいけど、男女カップルでコーディネートを考えられるようなファッション誌面白いと思うんですけど、この雑誌が続いてないところ見ると、むずかしいのかなあ?
若者向けはきびしいかも知れないけど、アダルト向け、シニア向けに男女兼用ファッション誌とかうけるんじゃないかしら?40代50代、お洒落な人多そうだし、もしこれを見てどこかの出版社さん企画する時は是非自分にもお声がけください、アイデア出しまする。
その他の記事としては、宇治田みのるとかglobe結成直前のマーク・パンサーのインタビューとかサブカルチャー史的にも面白いネタありますねえ。詳しくは目次をどうぞ。
目次.jpg

<本日の雑誌>
スタイル オン ザ ストリート STYLE ON THE STREETSO デビュー号 1995 8月29日 VOL.1 ASAYAN増刊 
コンテンツ/表紙:村上淳・杉山いずみ・鈴木エミ ぶんか社 定価490円 a4判

↓のオークションサイトで古い雑誌を出品しています。
http://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/
まだ少ししか展示していませんが、よろしかったら見学にに入らしてください。

↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
日常の疑問を調査   問題解決リサーチャーよろず研究!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
ひまつぶし広告チェック  団栗ジャンクション
WEBでコミックを楽しむ立ち読み探し  おもしろい 漫画 探し
天然水のブログもやってます→ウォーターサーバー おいしい水 楽して飲みたい 


posted by 団栗六本木之助 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

PANJA 月間SPA! パンジャ創刊号

panja表紙30.jpg
パンジャと言えばジャングル大帝のレオの父上ですよね。
このタイトルはそこからきてるわけではないと思ってはいましたが、編集後記で渡辺編集長がJAPANのひっくり返しであることを明かしてくれています。
編集長の渡辺直樹氏は超有名な編集者ですが、1990年代当初は週刊SPA!の方の編集長で、その当時のSPA!はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったと記憶しています。金、政治、性、芸能、アイドル、オタクネタなどが同レベルの取り扱いで、ある意味ジャーナルスティックにある意味エンターティンメントな文章とわかりやすい写真やグラフィックで丸めて持ちやすい誌面に取り上げていきました。当時通勤電車の中で30歳代を中心多くの男女が所持しているのに気がついたものです。
その雑誌を作り上げた(二代目編集長ですが)渡辺編集長が満を持して立ち上げたのが、このパンジャ創刊号。1994年8月号です。
久しぶりというか17年ぶりの夏、お盆時期に手に取ってみると、おもしろい。ものすごく完成度が高いと思う。まさに、往事、最高期のSPA!を凝縮しかつ拡大した内容だと思います。
この創刊号のテーマは美人。文字通り古今東西の美人をとりあげ、愛情と皮肉の両方を込めて痛烈な美人論を展開しています。
とくにこんなチャート、
美人チャート.jpg
見にくいですかね?年代別に美人が一生美人であったかをチャート化しているわけですが、10代から40代くらいまでずーっと美人でいられるた人ってなかなかいないですねえ。男運とか本人の生き方で本当に変わる。これ90年代、21世紀版も見てみたいです。チャート化はSPA!のお家芸なんではないでしょうか?
他にも若き日の小沢一路と小林よしのりの対談などなるほどな記事がラインナップしています。詳しくは目次で、
panja目次2.jpgpanja目次1.jpg
月刊誌らしく目次も2ページあります。
こんなにすごいと思うPANJA創刊号ですが、自分これ1冊しか持っていません。
その頃は、これ一冊を読む時間が惜しかったのかもしれません。
その後を調べると、ロリ趣味系のサイトにデータを発見。なぜロリかというと、このパンジャ第6号まではSPA!路線だったのが、7号からチャイドル雑誌に変革してしまったとのこと。チャイドルというのも懐かしいが、まったく知りませんでした。
一方毎週買っていたSPA!でしたが、ちょうどこの後の頃、買わなくなってしまいました。一番はゴーマニズム宣言の終了です。
かといって、ゴーマニズム宣言が移った先のSAPIOもほとんど買いませんでしたので、SPA!を買わなくなった理由はそれだけではないかもしれません。
編集長交代後のカラーの違いによるものか?単に自分がちょっと歳を取り趣味が合わなくなったのか?覚えていませんが、パンジャについて言えば、今同じくらいのボリュームの雑誌が売られていて買うかどうか?ちょっとよくわかりません。

<本日の雑誌>
PANJA 月間SPA! パンジャ 創刊号 1994年8月号 発行:扶桑社 A4判 定価:480円 表紙:人形作家渡辺直子による女性

↓のオークションサイトで古い雑誌を出品しています。
http://www.guruguru.net/auction/shop/taikendon/
まだ少ししか展示していませんが、よろしかったら見学にに入らしてください。

↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
日常の疑問を調査   問題解決リサーチャーよろず研究!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
ひまつぶし広告チェック  団栗ジャンクション
WEBでコミックを楽しむ立ち読み探し  おもしろい 漫画 探し
天然水のブログもやってます→ウォーターサーバー おいしい水 楽して飲みたい 
posted by 団栗六本木之助 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

カシャッ! Kasha 001 創刊号 1985 8/10

カシャッ創刊表紙.jpg
本田美奈子さんですね。当時20代後半。アイドルからミュージカルに活動の場を移しミュージカル女優として脂がのって来たじきですかねえ?
「Kasha」創刊号には、田口順二カメラマン撮影のこんな写真が掲載されています。
本田美奈子 小.jpg
確か有名ですよねこの写真、詳しくないのですが、表情が良いです。この他にもいい写真が載っています。被写体の表現力と撮影者の能力が過不足なくぶつかりあっている品だと思いますが、いかがでしょうか?
竹書房というと、どうしても麻雀漫画を思い出してしまうのですが、1990年代にはいって加納典明を中心とするヘアヌード写真集でブレイクして、その後はけっこういろんなことやってるんですね。
写真集があたると、大きいのでしょうね、そして写真集をコンスタントに発売するようになると、それを小出しに紹介する、写真誌を発売するという流れがあります。
まあ、この「Kasha」もその流れですね。本田美奈子さんもヘアヌードではないですが、この年に竹書房から写真集「時間のない島」が発売されています。確認していませんが、この創刊号の掲載写真もこの写真集からのカットダウンなんでしょうね。
この「カシャッ!」創刊号ではヘアヌード作品が4点程掲載されていますが、おそらく2点は写真集のカットダウンと思われます。このブログにはその画像を載せませんが「加藤陵子」と「青山美樹」ですが、なかな「いいおんな」とお見受けします。写真集がヒットしたかどうかは調べておりませんが・・・・。
その他に、格闘家の写真グラビアもあります。本田美奈子とヘアヌードの間に出てくるのでかなり異質な感じがします。ちょっとホモセクシャルな印象がでそうなんですが、男性誌としてはありなんでしょうか?
それなりにジャーナルスティツクな記事も配置され、雑誌としてはバランスが良い気がします。
本田美奈子さんと同様に若くしてなくなった池田貴族の東京オカルトMAPとかやはりなくなられた赤塚不二夫先生がフルコースの中華をバケツで食べるのが流行ると予言してたりします。
カシャッ! Kasha 001 創刊号はお盆(新暦)に近い 8月10日発売。暑い日々が近づくこの時期。
亡くなられた素敵な方々をおもいだしながら、遠くなった1990年代に思いを馳せるのも一興かと存じます。

カシャッもくじ.jpg

<本日の雑誌>

カシャッ! Kasha 001 1985 8/10 創刊号 発行:竹書房 A4変形判 定価:300円 コピー:写真で切り取るオトコの本音
表紙:本田美奈子

<参考にさせていただいた記事>
FUKUSHI Plaza 1995年

↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
日常の疑問を調査   問題解決リサーチャーよろず研究!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
ひまつぶし広告チェック  団栗ジャンクション
WEBでコミックを楽しむ立ち読み探し  おもしろい 漫画 探し


posted by 団栗六本木之助 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ミュージカル コンサート お笑い 格安チケット販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。